• 2013/03/12(火) 00:09:13

「私の誇りは打率やホームランなどの数字ではなく、

 数知れぬ敗北とスランプから、その都度立ち上がったことだ。」



今僕は、僕が携わってきた彼らにこの言葉を伝えてあげたい。

たしかに結果と言うのは重要だ。

そのインパクト、そして説得力、というか重みは絶大で、

価値ある結果というのは、

それだけで尊敬に値する。

結果至上主義。

それも一理あるのは確かだ。


だけど、プロセスがあるから結果が生まれる。

時にはどんなに過程が素晴らしいものだったとしても、

結果を伴わないこともある。

結果が出ないことは、悪いことじゃない。

結果が出ないことにも意味はある。

そこに気づくか気づかないかの差だ。


この言葉は、そこに気づいているからこそ

生まれ得た言葉だ。


結果がどうであれ、

彼らには、

そこに気づいてほしい。

君たちのプロセスは、

君たちだけのプロセスだ。

そこに秘められた価値に、

気づき、嘆き、喜び、学び、得てほしい。


よろしくどうぞ!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

こんばんは!やはり面白いというか、いいこと書きますよね。

最初の言葉、素晴らしいですね。
自分もプロセスこそ大事という意見は同感です。

結果だけを見て評価するのは誰でも出来ます。
プロセスこそその人を写し出すと思います。

友達になってくれてありがとうございますw
なんじゃそりゃって感じですがw

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する